Site mapAbout usConsultative CommitteeAsk LibrarianContributionCopyrightCitation GuidelineDonationHome        

CatalogAuthor AuthorityGoogle
Search engineFulltextScripturesLanguage LessonsMuseumLinks
 
Bookmark and Share


Extra service
Tools
Export
空海と密教 -- 「情報」と「癒し」の扉をひらく
Author 頼富本宏
Date2002.09.27
Pages244
PublisherPHP研究所=PHP Interface
Publisher Url http://www.php.co.jp/
Location東京, 日本 [Tokyo, Japan]
Content type書籍=Book
Language日文=Japanese
Keyword最澄; 教判; 密教; 空海; 伝記
Abstract平安の大思想家であり、今日なお、弘法大師として日本文化に深く溶け込む存在、空海。その生涯とは、密教の奥義をひもとき、聖なるエネルギーを広く行き渡らせるものであった。都を離れての山林修行、命がけの入唐、恵果阿闍梨との師弟関係、ライバル・最澄との接近と離別…。数々の伝記資料を用いながら、聖と俗の両界を自由に往来した空海の実像に迫る。単なる「知識」ではなく、身体で覚える「智恵」とは何か。空海の思想と行動を通して、現代人に「さとり」の意味を問いかける。

Table of contents
序章 情報と癒し─動脈と静脈
第1章 誕生とその環境─恵まれた風土と家族
第2章 出家への道のり─情報から癒しへ
第3章 入唐前夜─基礎要件の確保
第4章 入唐求法─宗教と文化の二情報
第5章 密教受法─遍照金剛の誕生
第6章 虚しく往きて実ちて帰る─新情報とツール
第7章 雌伏の日々─蓄えられたエネルギー
第8章 都での期待─最澄・嵯峨天皇との出会い
第9章 真言密教の確立─若葉萌える季節
第10章 著作と思想─教理と教判
終章 入定と大師信仰─空海から弘法大師へ
ISBN9784569623634
Hits355
Created date2008.03.11



Best viewed with Chrome, Firefox, Safari(Mac) but not supported IE

Notice

You are leaving our website for The full text resources provided by the above database or electronic journals may not be displayed due to the domain restrictions or fee-charging download problems.

Record correction

Please delete and correct directly in the form below, and click "Apply" at the bottom.
(When receiving your information, we will check and correct the mistake as soon as possible.)

Serial No.
156338

Search History (Only show 10 bibliography limited)
Search Criteria Field Codes
Search CriteriaBrowse