Site mapAbout usConsultative CommitteeAsk LibrarianContributionCopyrightCitation GuidelineDonationHome        

CatalogAuthor AuthorityGoogle
Search engineFulltextScripturesLanguage LessonsMuseumLinks
 
Bookmark and Share


Extra service
Tools
Export
インド思想論 -- 高崎直道著作集第一巻
Author 高崎直道=Takasaki, Jikido
Date2010.01
Pages512
Publisher春秋社=Shunjusha Publishing Company
Publisher Url http://www.shunjusha.co.jp
Location東京, 日本 [Tokyo, Japan]
Content type書籍=Book
Language日文=Japanese
Note著者略歴:高崎直道,1926年、東京都生まれ.1950年、東京大学文学部哲学科(印度哲学専攻)を卒業.1954年、インド政府給費留学生としてプーナ大学大学院へ留学.1958年、プーナ大学にてPh.D.を取得.1966年、Ph.D.論文“A Study on the Ratnagotravibhaga”(『宝性論の研究』)をローマより刊行.1972年、東京大学にて学位(文学博士)を取得.1975年、学位論文の『如来蔵思想の形成』で恩賜賞、日本学士院賞を受賞.東京大学名誉教授.鶴見大学名誉教授(元学長)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)。高崎直道著作集〈全9巻〉。A5判;単行本
Abstract古代インドのヴェーダ文献やウパニシャッドの哲学から、バガヴァッド・ギーター、ラーマクリシュナ、ヴィヴェーカーナンダ、そしてガーンディー、ネールーをはじめとする近現代のヒンドゥーナショナリズムにいたるまで、本格的なインド思想をまとめてあります。本書は、著作集の一巻ですが、インドの思想と社会の成立について根底から学びたい方には手応えのある内容を網羅しております。今注目されているインド思想を深く知る本格書としてお勧めです。

Table of contents
第1部 古代インドの哲学と思想(古代インドの宗教と思想;ウパニシャッドの哲学;古ウパニシャッドのアートマン観─『ブリハッド・アーラニヤカ・ウパニシャッド』一・四の研究 ほか)
第2部 古代・中世のインド社会と思想(古代インドにおける身分と階級;ヒンドゥー思想の変革)
第3部 近現代のインド社会と思想(インド思想史研究私見;近代(イスラーム教侵入以後)の倫理思想;ヒンドゥイズムの社会倫理とインド社会の現代化 ほか)
ISBN9784393112816
Hits457
Created date2010.07.26
Modified date2011.02.15



Best viewed with Chrome, Firefox, Safari(Mac) but not supported IE

Notice

You are leaving our website for The full text resources provided by the above database or electronic journals may not be displayed due to the domain restrictions or fee-charging download problems.

Record correction

Please delete and correct directly in the form below, and click "Apply" at the bottom.
(When receiving your information, we will check and correct the mistake as soon as possible.)

Serial No.
371283

Search History (Only show 10 bibliography limited)
Search Criteria Field Codes
Search CriteriaBrowse