Site mapAbout usConsultative CommitteeAsk LibrarianContributionCopyrightCitation GuidelineDonationHome        

CatalogAuthor AuthorityGoogle
Search engineFulltextScripturesLanguage LessonsMuseumLinks
 
Bookmark and Share


Extra service
Tools
Export
興教大師の菩提心について:『一期大要秘密集』を中心として=A Thought of Bodhi-citta in Kogyo-Daishi: concerning "Ichigotaiyohimitsushu"
Author 元山公寿 ; 大正大学真言学智山研究室
Source 智山学報=チザン ガクホウ=Journal of Chizan Studies=智山學報=Chizan Gakuho
Volumev.40 (總號=n.54)
Date1991.03.31
Pages97 - 111
Publisher智山勧學會
Location東京, 日本 [Tokyo, Japan]
Content type期刊論文=Journal Article
Language日文=Japanese
Abstract興教大師の思想は、菩提心が常に底流をなしているo興教大師は、この菩提心について、その著作の中で、さまざまな角度から論じている。特に、この『一期大要秘密集』は、興教大師の著作の中でも、臨終往生という、まさに死を見つめたところでの極楽往生について論じたものである。したがって、ここに説かれている菩提心説は、他の著作に著わされているものとは異なり、かなり浄土教的な色彩の強いものである。これは、浄土経典や、日本の源信の思想的な影響が強いものと思われ、これに真言密教の立場からの解釈を加えて形成されたものであろう。
そしてまた、興教大師とほぼ同時代に活躍した法然は、興教大師とは全く異なる菩提心説を唱え、ここに両者の思想的立場の違いが推測される。この法然の思想は、後世にさまざまな波紋を投げかけ、明恵の痛烈な批判や、親鸞の新たな菩提心解釈が著わされた。
Table of contentsはじめに 97
一、『一期大要秘密集』について 98
二、菩提心を発す用心門について 99
三、浄土教の菩提心について 104
四、法然の菩提心について 106
五、明恵と親鸞の菩提心について 109
まとめ 110
ISSN02865661 (P)
Hits27
Created date2016.09.01
Modified date2018.07.19



Best viewed with Chrome, Firefox, Safari(Mac) but not supported IE

Notice

You are leaving our website for The full text resources provided by the above database or electronic journals may not be displayed due to the domain restrictions or fee-charging download problems.

Record correction

Please delete and correct directly in the form below, and click "Apply" at the bottom.
(When receiving your information, we will check and correct the mistake as soon as possible.)

Serial No.
568244

Search History (Only show 10 bibliography limited)
Search Criteria Field Codes
Search CriteriaBrowse