Site mapAbout usConsultative CommitteeAsk LibrarianContributionCopyrightCitation GuidelineDonationHome        

CatalogAuthor AuthorityGoogle
Search engineFulltextScripturesLanguage LessonsMuseumLinks
 
Bookmark and Share


Extra service
Tools
Export
不空所伝の金剛頂瑜伽経について(二):金剛智三蔵所伝の金剛頂経に関する一考察=The Chin-kang-ting-yü-ch'ien ching Transmitted by Amoghavajra (2): A Study of The Chin-kang-ting-ching Transmitted by Vajrabodhi
Author 田中悠文 (著)=Tanaka, Yubun (au.) ; 大正大学真言学智山研究室
Source 智山学報=チザン ガクホウ=Journal of Chizan Studies=智山學報=Chizan Gakuho
Volumev.40 (總號=n.54)
Date1991.03.31
Pages181 - 197
Publisher智山勧學會
Location東京, 日本 [Tokyo, Japan]
Content type期刊論文=Journal Article
Language日文=Japanese
Abstract不空三蔵が自ら語る所に拠れぽ、不空三蔵は師である金剛智三蔵より、瑜伽四千頌法を付授されたと云い。更に、インド・セイロンに於いて瑜伽十万頌の法蔵の印可を稟けたと云う。ここでいわれる瑜伽法門が、所謂「金剛頂経」系であるということは論を俟たない。しかし不空の時代には、初会の「金剛頂経」の基本となる四大品具備の聖典が成立していたに過ぎなく、その他の十八会・十万頌より成るといわれる広本の「金剛頂経」は未だその萌芽が認められる程度であったといわれている。ところが、不空・金剛智の訳に帰される経典・儀軌には、「金剛頂瑜伽経」あるいは「瑜伽金剛頂経」より抄出した旨明示される事が多い。本論は、不空三蔵の師金剛智三蔵の所伝ぜる「金剛頂経」系法門を考察する事により、不空三蔵所伝の法潤を研究するパックボーン足らしめんとするものである。
Table of contents〔はじめに〕 181
1〔金剛智三蔵の受法した金剛頂経系法門〕 181
2〔金剛智三蔵の訳出した経軌の検討〕 183
3〔金剛智三蔵の訳出した経軌の特色] 189
4〔金剛智三蔵より不空三蔵に授与された法門〕 192
おわりに 193
ISSN02865661 (P)
Hits51
Created date2016.09.01
Modified date2018.07.19



Best viewed with Chrome, Firefox, Safari(Mac) but not supported IE

Notice

You are leaving our website for The full text resources provided by the above database or electronic journals may not be displayed due to the domain restrictions or fee-charging download problems.

Record correction

Please delete and correct directly in the form below, and click "Apply" at the bottom.
(When receiving your information, we will check and correct the mistake as soon as possible.)

Serial No.
568248

Search History (Only show 10 bibliography limited)
Search Criteria Field Codes
Search CriteriaBrowse