Site mapAbout usConsultative CommitteeAsk LibrarianContributionCopyrightCitation GuidelineDonationHome        

CatalogAuthor AuthorityGoogle
Search engineFulltextScripturesLanguage LessonsMuseumLinks
 
Bookmark and Share


Extra service
Tools
Export
近世における庶民の仏教信仰=Japanese Religious Mind in KUYOU Ritual
Author 小室裕充 (著)=Komuro, Yuju (au.) ; 大正大学真言学智山研究室
Source 智山学報=チザン ガクホウ=Journal of Chizan Studies=智山學報=Chizan Gakuho
Volumev.40 (總號=n.54)
Date1991.03.31
Pages199 - 209
Publisher智山勧學會
Location東京, 日本 [Tokyo, Japan]
Content type期刊論文=Journal Article
Language日文=Japanese
Abstract近世における仏教信仰は、寺院型の仏教信仰ではなくて、庶民型の仏教信仰であった。
出家老指導型でなく、篤信在家の先達による仏教信仰であった。そのことは真言系についてみると大師信仰の大師講(送り大師遍路)であり、観音信仰による観音講(三十三カ所巡拝)などの講組織であった。
庶民の仏教信仰は出家型ではなく、庶民奉仕の大師伝説型の信仰であった。出家者の仏教解釈ではなくて、庶民による大師教学であり、真言教学であった。それは封建制社会の体制内のものであるが、人間らしく生きていく教えであり、平等思想的な教えであった。真言の尊さは誰もが救われると説かれていたことだと受けとめていた。寺院法度などの仏教統制のなかで、寺院型仏教信仰は差別戒名をつけるような教学であった。そんな伝統教学に絶望し、二宮尊徳の生き方に教えられ、新しい出家者のあり方を求めた真言僧もおられた。
ISSN02865661 (P)
Hits34
Created date2016.09.01
Modified date2018.07.19



Best viewed with Chrome, Firefox, Safari(Mac) but not supported IE

Notice

You are leaving our website for The full text resources provided by the above database or electronic journals may not be displayed due to the domain restrictions or fee-charging download problems.

Record correction

Please delete and correct directly in the form below, and click "Apply" at the bottom.
(When receiving your information, we will check and correct the mistake as soon as possible.)

Serial No.
568249

Search History (Only show 10 bibliography limited)
Search Criteria Field Codes
Search CriteriaBrowse