サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
Bookmark and Share


伊藤真  

 

9 件著作が収録され、6 件全文を含む(まだ本館にオーソライズされていません

 
著者本人によるオーソライズ著者本人が提供した書目資料改正 2012.03.05 登録
シリアル番号:

32310

別名:

Ito, Makoto

種類:

個人サイト:
全文 タイトル 著者 掲載誌 出版年月日
  「空・寂・浄に滞る」ということ : 李通玄における菩薩行と『般若経』=On "Stagnating in Kong, Ji, Jing" : Li Tongxuan's Views on Bodhisattva Practice and the Prajnaparamita Sutras 伊藤真 (著)=Ito, Makoto (au.) 印度學佛教學研究 =Journal of Indian and Buddhist Studies=Indogaku Bukkyōgaku Kenkyū 2012.12
  『占察経』における地蔵菩薩の役割=The Role of Dizang Bodhisattva in the Zhancha jing 伊藤真 (著)=Ito, Makoto (au.) 印度學佛教學研究 =Journal of Indian and Buddhist Studies=Indogaku Bukkyōgaku Kenkyū 2016.03
  ダライ・ラマ科学への旅 -- 原子の中の宇宙 ダライ・ラマ14世=Ngawang Lobsang Yishey Tenzing Gyatso, Dalai Lama; 伊藤真 2007.08
  李通玄における『華厳経』「入法界品」十住位の善知識たちの理解 (愛知学院大学における第五十九回〔日本印度学仏教学会〕学術大会紀要(2))=Li Tongxuan's Understanding of the Ten Kalyana-mitra of the Ten Abodes in the Huayan Sutra 伊藤真 =Ito, Makoto 印度學佛教學研究 =Journal of Indian and Buddhist Studies=Indogaku Bukkyōgaku Kenkyū 2009.03
  李通玄における往生浄土思想批判=Li Tongxuan's Criticism of Pure Land Thought 伊藤真 (著)=Ito, Makoto (au.); 東アジア仏教研究会 東アジア仏教研究=Journal of East Asian Buddhist Studies=ヒガシアジア ブッキョウ ケンキュウ 2012.05
  李通玄による五種の初発心の説について=Li Tongxuan's Theory of Five Types of "Initial Production of the Thought of Awakening" (Prathama-cittotpada) 伊藤真 (著)=Ito, Makoto (au.) 印度學佛教學研究 =Journal of Indian and Buddhist Studies=Indogaku Bukkyōgaku Kenkyū 2011.03
  李通玄の華嚴思想における初發菩提心の意義=Significance of the Initial Arousal of Bodhicitta in Li Tongxuan's Huayan Thought 伊藤真 (著)=Ito, Makoto (au.) 華嚴學報=Journal of Huayen Buddhism 2019.03
  李通玄居士の寶色光明觀と日本‧明惠上人の佛光觀=A Comparative Study of Li Tongxuan's Contemplation of Jewel-colored Radiance and Myoe's Contemplation of the Buddha's Radiance 伊藤真 (著)=Ito, Makoto (au.) 華嚴學報=Journal of Huayen Buddhism 2020.03
  会昌寺会賾と唐代初期の五台山信仰=On Huize of Huichang si and Wutaishan Worship in Early Tang 伊藤真 (著)=Ito, Makoto (au.) 印度學佛教學研究 =Journal of Indian and Buddhist Studies=Indogaku Bukkyōgaku Kenkyū 2015.03