サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
Into the jaws of Yama, lord of death: Death and identity in China and Tibet
著者 Karma Lekshe Tsomo (著)
掲載誌 Dissertation Abstracts International
巻号v.61 n.10 Section A
出版年月日2000
出版者ProQuest LLC
出版サイト https://www.proquest.com/
出版地Ann Arbor, MI, US [安娜堡, 密西根州, 美國]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
学位博士
学校University of Hawaii
指導教官Deutsch, Eliot
卒業年2000
ノート320p
キーワードDeath; Identity; China; Tibet
抄録Recent advances in biomedical technology have stimulated a surge of interest in death and bioethical issues such as abortion, cloning, euthanasia, organ transplantation, and assisted suicide. As the human lifespan lengthens and the time between old age and death increases, these issues take on renewed urgency. In this crosscultural study, these issues are examined from Chinese and Tibetan Buddhist perspectives.

Questions regarding death and the ephemeral nature of life and individual identity have been preeminent in Buddhism for centuries. The interpretation of Indian Buddhist ideas in the cultural and philosophical environments in China and Tibet produced unique ideas about consciousness, death, and moral personhood.

This study examines Indian, Chinese, and Tibetan Buddhist attitudes toward death, rebirth, and the intermediate state between death and rebirth; and then (a) discusses bioethics from a Buddhist comparative perspective and (b) suggests ways that these ideas can enrich and expand contemporary bioethical dialogue.
ISBN0599972394; 9780599972391
ヒット数308
作成日2005.09.23
更新日期2022.03.25



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
127556

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ