サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
傳山與佛教 -- 傅山對佛學的闡發與運用=Fu Shan and Buddhism: Fu Shan's Elucidation and Use of Buddhist Learning
著者 許志信
掲載誌 圓光佛學學報=Yuan Kuang Journal of Buddhist Studies
巻号n.8
出版年月日2003.12
ページ145 - 176
出版者圓光佛學研究所=Yuan Kuang Buddhist College
出版サイト http://www.ykbi.edu.tw/
出版地桃園縣, 臺灣 [Taoyuean hsien, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード傅山=Fu Shan; 清代佛學=Buddhist studies of the Qing Dynasty; 清代學術=Academic studies of the Qing Dynasty; 山西文獻=Shanxi documents; 清初北學=Northern studies of the early Qing Dynasty
抄録傅 山的學術特點,在於能夠容納諸子百家、佛道宗教思想,不拘一格,不陷於一種狹窄的學術偏見。 而 這其中最為核心的應屬佛教思想。然傅山的佛教 思 想,常與老莊思想相為闡發,互為影響;故有許多超越舊說之處,甚至有溢出佛教思想體系的內容。所以在許多佛學範疇之中,有極獨到的看法。又傅氏身處明末清初之際,無論學術思想、政治社會經濟環境各種變化均極為迅速。傅山滿腔熱血,不忘世間;其闡述佛學之時,無可避免有著時代的烙印,有著對當時時代關注之問題的回應;這些內容雖屬世俗層面,卻對於其對佛學的觀點中產生強烈的影響,並顯現在他的佛學體系之中。且傅山十分熟稔佛學,幾乎內化於其生命,故其闡述所關心的哲學命題時,也運用了許多的佛學思想,雖所論述之內容不僅限於佛學,卻是佛學的進一步發揮與開展,這包含著對佛學思惟方式的運用,與對佛學義理的闡發,本文希望對這些問題有一些清晰的分析與全面的理解,對較渾沌不清之處,有一個較合理的解說。

ISSN16086848 (P)
ヒット数1238
作成日2005.09.26
更新日期2017.07.26



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
128055

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ