サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
穿越生死 -- 藏傳佛教中的死亡、中陰與轉世=Death, Intermediate State and Rebirth in Tibetan Buddhism
著者 拉諦仁波切 ; 傑佛瑞.霍普金斯 ; 翁仕杰
出版年月日2004.08
ページ190
出版者春天出版社
出版サイト http://www.bookspring.com.tw/
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
ノート中英對照
キーワード轉世=輪迴=Samsara=Rebirth=Reincarnation; 達賴喇嘛=Dalai Lama; 喇嘛=Lama; 修行; 金剛乘=真言教=瑜伽宗=坦特羅佛教=密教=密宗=Tantric Buddhism=Esoteric Buddhism=Vajrayana Buddhism; 佛教; 佛; 西藏佛教=藏傳佛教=Tibetan Buddhism; 死亡; 生死=life and death=rebirth and redeath=birth and death=Samsqra
抄録西藏的生死書一直是許多人們對於生死學的最大獲益觀念,而這本書將是西藏生死學裡最簡易易懂的一部經典,簡短扼要,也別於常見的冗長之作。
密宗藉由修習以死亡、中陰和再投胎過程為模式的一系列瑜伽來脫離死亡的控制。密宗行者認為生命由生到死不過是一種氣或能量流的變化過程。氣是意識的基礎,當氣歷經一系列的崩潰過程時,也就是死亡事件之內在和外在的開展過程。因為一般人只經驗到意識的表面狀態,不了解意識的起源和返回的基礎,所以當他轉移到深層意識時甚至會產生毀滅的恐懼。事實上死亡過程微細的意識變化,在人們昏倒、性高潮、睡著和作夢的前後之中也同樣會經驗到——雖然不是完整的形式。本書首度由當代重要的修行者為我們描述了一般人視而不見的一些狀態,讓我們也能輕易的把自己的觀點調整到能夠了解這些狀態。死亡是生命必然的結局,因而是生命不得不面對的課題。希望本書的出版能解大家的生死迷惑。雖然這本書只是西藏佛教密宗的說法,但只要能利益臨終或必定臨終之人,那就達到目的了。
本書字字珠璣充滿著人生智慧及諄諄善導,打開你的智慧視野,撥開你的生命迷霧,徹底醒悟你對生命的疑惑。達賴喇嘛特別為這本書專文作序,可見本書是如此重要的藏傳生死書。
ISBN9867494229
ヒット数721
作成日2005.09.29
更新日期2007.12.10



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
128408

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ