サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
著者 伊吹敦 ; 齋藤智寛
掲載誌 佛學研究=Research of Buddhism
巻号n.11
出版年月日2002
ページ97 - 108
出版者中國佛教文化研究所
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート出處:中國期刊網-文史哲輯專欄目錄;作者單位:日本東洋大學文學部印度哲學科
キーワード禪宗=Zen Buddhism=Zazen Buddhism=Chan Buddhism=Son Buddhism; 淨土慈悲集; 北宗; 敦煌; 慧日
抄録慈愍三藏慧日的《凈土慈悲集》,生動地描寫出在外人眼中新興禪宗的情況,因此它是非常珍貴的資料。通過慧日的批評可以知道,禪宗門徒的主張如何脫離以前的佛教思想;當他們展開這種主張時,對自己思想的信心又如何鞏固,加上新穎革命性思想對一般人的魁力;人們熱情地接受禪宗等等。文中強調,要想闡明禪宗形成的過程,必須首先根據敦煌出土的初期禪宗文獻來研究。在這些文獻中,禪宗門徒直接表現出自己的思想,因此這些文獻確實具有最高的價值。但是,只靠這些文獻也不能窺見禪宗給社會的強烈影響。《凈土慈悲集》通過提供客觀的、從外人角度的禪視野,補充了這一點。將“禪宗的形成” 的思想史上的重大事件置於整個社會,是不可或缺的,有利於探討禪思想的特徵。

目次
一.關於慧日批評的對象的各種學說
二.在《淨土慈悲集》中所見的禪宗主張
三.《淨土慈悲集》與北宗文獻對照
四.慧日的批評和禪的革命性
五.《淨土慈悲集》所見北宗禪活動及社會反應
情報源
ヒット数411
作成日2006.07.14
更新日期2018.05.02



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
128439

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ