サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
覺意三昧與四句無生門=Bodhy-samādhi and Four Sentence about No-arising
著者 賴賢宗 =Lai, Shen-chon
掲載誌 圓光佛學學報=Yuan Kuang Journal of Buddhist Studies
巻号n.9
出版年月日2004.12
ページ139 - 174
出版者圓光佛學研究所=Yuan Kuang Buddhist College
出版サイト http://www.ykbi.edu.tw/
出版地桃園縣, 臺灣 [Taoyuean hsien, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード智者大師; 天台止觀; 覺意三昧; 摩訶止觀; 破法遍; 四運心; 智顗
抄録智者大師的《覺意三昧》(全名是《釋摩訶般若波羅蜜經覺意三昧》)和《摩訶止觀》的四種三昧皆闡明「覺意三昧」,「覺意三昧」是天台止觀不僅是綜合了大小乘禪法,也是天台止觀的最為核心的修持法門。本文分為五節分別探討覺意三昧在大小乘禪法和慧思、智者大師天台止觀之中的演變過程 (第一節)。釐清覺意三昧的道次第,以及其對於晚期智者大師思想的六即的道次第思想之影響 (第二節)。從「四運心」與「四句推檢」,展開覺意三昧的修持法門「入觀門」 (第三節)。最後,闡明智者大師的晚期圓頓止觀思想之中的覺意三昧,尤其是從《摩訶止觀》的「破法遍」來釐清覺意三昧的思想基礎 (第四、五節)。

T’ien-t’ai Zhiyi (538-597 智顗) in his early monograph Bodhy-samādhi (《覺意三昧》) and late period book Mohe-zhiguan have exposittd the thought of bodhy-samādhi. In his exposition, bodhy-samādhi is not only a synthesis of the meditation method of Mahayana and Hinayana Buddhism, but also the most important meditation in T’ien-t’ai Buddhism. In this article, I exposit the course of the development of bodhy-samādhi in the history of Buddhism, and tackle the topic of the relationship of six “Chi” (Identity) and the six kind of seven Bodhy-samādh.
After the exposition of the method of bodhy-samādhi in T’ien-t’ai Zhiyi’s different books, I tackle the theory of bodhy-samādhi from the perspective of “destruction of the attachment to all beings” in Mohe-zhiguan, in order to explain the relationship between bodhy-samādhi and T’ien-t’ai Chi-I’s late teaching about perfect teaching.
ISSN16086848 (P)
ヒット数1820
作成日2006.12.14
更新日期2017.07.27



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
140447

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ