サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
晚唐觀音法門的開展 -- 以敦煌莫高窟161窟為中心的探討
著者 郭祐孟
掲載誌 圓光佛學學報=Yuan Kuang Journal of Buddhist Studies
巻号n.8
出版年月日2003.12
ページ103 - 144
出版者圓光佛學研究所=Yuan Kuang Buddhist College
出版サイト http://www.ykbi.edu.tw/
出版地桃園縣, 臺灣 [Taoyuean hsien, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード觀音信仰=觀音法門=Guanyin dharmaparyaya; 觀音=Guanyin; 晚唐=Late tang dynastry; 莫高窟 161 窟=Mogaoku 161; 敦煌密教; 華嚴三聖圓融觀
抄録敦煌莫高窟地區自中唐時期已經發展出「觀音聖地」,為郡人朝禮之重地;石窟設計理念以當地深厚的華嚴及法華禪觀傳統為基調,結合密教的潮流,順勢開衍出豐富的觀音曼荼羅世界,譬如 161窟便是具有代表性的範例。以本窟高度敏感的圖像建構特質,適巧反映著觀音信仰的解行在晚唐成熟的面貌,繼之成為近代漢傳佛教最強勁的生命樹。莫高窟 161窟窟頂的五方觀音曼荼羅和環壁的三聖觀門,分別從密宗與顯教的觀點來描摹觀音主尊的功德身,彼此具有相互佐證及詮釋的作用,觀音法門的心與形在此窟中作了最完美的結合!行者居此窟內觀修,彷彿置身於觀音淨土,在千菩薩為伴的氛圍中常隨佛學,免去八難三塗之苦,投入施無畏者的懷抱,如是安忍,便是真入菩薩行者。無論從因行或果德來論此窟圖像,都具有深刻的連結性。 從密乘的解行特色來看,行者還是要立足在華嚴重重無盡的法界緣起中,來完成對般若真實義的印證,這才使得主尊與行者之間損忘銷融,因無形而無所不作。深諳「互作主伴」的行者,也往往可以將密法的殊勝力量發揮到極致。 本文結合了石窟圖像結構、教典義理組織、顯密觀修儀軌等,為晚唐漢傳觀音法門的理論與實踐做整合性研究,更提點出近代觀音法門起源和轉型的細節問題!

ISSN16086848 (P)
ヒット数929
作成日2007.03.08
更新日期2017.07.26



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
143312

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ