サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
心與科學的交會 -- 達賴喇嘛與物理學家的對話
著者 Zajonc, Arthur=亞瑟.札炯克 ; 靳文穎
出版年月日2007.02
ページ309
出版者橡樹林文化=Oak Tree Publishing Co.
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
キーワード禪定=Concentration=Dhyana ; 達賴喇嘛=Dalai Lama; 感應; 喇嘛=Lama; 修持; 佛教; 佛; 自性=Svabhava
抄録以西方科學最偉大的成就,結合西藏最巧妙的思考與哲學洞見,為近代物理開啟希望之門。
在西方與佛教兩種傳統中,理性的分析與經驗之間,或理論與實驗之間的密切關係是顯而易見的。二者在對世界的探討中均扮演決定性的角色。理論領導著實驗,而理論上的觀點是佛教禪定修持的基礎。佛教的見解認為我們所研究的世界,在究竟的層次上並無自性的存在。人類富饒的經驗世界與科學的研究都發生在世俗實相的範疇內。世俗實相允許最微妙而隱藏之領域的存在。以佛教的觀點來看,人類所具有的潛能在原則上是有能力達到那領域的。如果我們對自己的感應能力加以適當的訓練,凡我們可清楚地推斷的世俗實相,皆可變為我們經驗的部分。 同樣地,科學家也永遠可以改良實驗來進行更精確的探究,用以證實或推翻現有的科學理論。
--摘自第八章「窮究世界,深探人心」
ISBN9789867884633
ヒット数387
作成日2007.03.08
更新日期2008.01.08



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
143442

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ