サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
中國禪宗思想史略
著者 麻天祥
出版年月日2007.03
ページ488
出版者中國人民大學出版社=China Renmin University Press
出版サイト http://www.crup.com.cn/main/index.cfm
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
キーワード禪宗史; 禪宗=Zazen Buddhism=Zen Buddhism=Son Buddhism=Chan Buddhism; 佛教宗派=Buddhist Sects=Buddhist Schools; 佛教; 佛; 中國佛教=Chinese Buddhism
抄録一般說來,宋代以降,中國佛教基本是走向衰落了,但是它在社會生活和思想文化諸領域卻依然有著相當巨大的影響。一個重要原因是佛教在中國發展的千余年間積累了十分豐厚的、有價值的文化和精神資源,其中重要部分便是徹底“中國化”的佛教宗派禪宗。以往的禪宗史,筆墨多集中在隋唐五代時期,這也是禪宗發展的鼎盛期。但禪宗發展的鼎盛期過去以後,余波激蕩不已,影響也十分巨大而深遠,不可忽視。麻天祥教授.的這部著作翔實清晰地梳理禪宗在思想理論方面的發展脈絡,用95%以上的篇幅,論述宋以後的佛教,尤其是禪宗,不是衰落,而是居高臨下的全面滲透;它重鑄了中華民族的人生哲學,豐富了知識階層的理性思維,陶冶了中國知識分子的審美觀念。這部書的許多內容正可補一般禪宗史研究的闕佚。本書貫通歷史、哲學、文學、藝術諸領域,內容豐贍詳明,文筆清通雅潔,讀來興味盎然。
ISBN9787300079110 (平)
ヒット数325
作成日2007.05.14



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
145641

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ