サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
中論
著者 龍樹 ; 蕭振士
出版年月日2007.05
ページ368
出版者恩楷
出版サイト http://cv-it.iarchi.net/shop/front/bin/home.phtml?C_Lang=big5
出版地臺北, 臺灣 [Taipei, Taiwan]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
ノート再版; 叢書系列: 白話佛經系列; 龍樹原著, 鳩摩羅什原譯, 蕭振士今譯
キーワード龍樹=龍猛=Nagarjuna=kLu-sgrub; 論著=Treatise; 緣起論; 緣起=十二因緣=Pratityasamutpada; 緣起=pratitya-samutpada=conditions=paticca-samuppada; 緣起=paticca-samuppada=pratitya-samutpada=conditions; 漢傳佛教=大乘佛教=北傳佛教=Mahayana Buddhism; 無常=Anitya=Impermanent=Anityata=anicca; 部派佛教=Abhidharma Buddhism; 吠陀=吠陀安陀=Vedanta; 佛教教義=Buddhist Doctrines=Buddhist Teachings; 佛教; 佛陀=Gautama Buddha; 佛; 中觀; 中論=Madhyamika-karika; 小乘; 大乘經典; 大乘
抄録 常聞佛門即是空門,因為佛教主張世間萬物皆空,從原始的佛教到部派佛教,一直到大乘時代無不如此。「空」的認知作為佛教教義的中心論題,並不是源自大乘時代,早在佛陀在世,主張「緣起論」時,即已存在。龍樹的中觀論出現,只是在緣起的觀點基礎,作邏輯的衍論。
龍樹的時代約當西元二─三世紀,此時大乘佛教已在印度流行,也是大乘與小乘激烈爭論的時代。龍樹生於婆羅門家庭,幼小即熟習吠陀經典,青年時代轉入佛門,先學小乘經論,再學大乘經典,可謂當代大學問家。也因為所學淵博,論著豐富,夙有「千部論主」之稱。
 「空」是佛教教義的中心論題,在原始教義中表現為緣起觀及無常。在大乘教義中,以龍樹的「空觀」論述最為中肯與詳盡。要了解佛教的「空」,這部《中論》是最好的經典。
ISBN9789867538147
ヒット数487
作成日2007.07.03



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
146298

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ