サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
從南安巖主到定光古佛 -- 兼談其與何仙姑之關係=From Nan An Yen Zhu to the Ding Quang Gu Fo: And the Discussion the Relationship with Ho Xian Gu
著者 王見川 =Wang, Chien-chuan
掲載誌 圓光佛學學報=Yuan Kuang Journal of Buddhist Studies
巻号n.10
出版年月日2006.04
ページ17
出版者圓光佛學研究所=Yuan Kuang Buddhist College
出版サイト http://www.ykbi.edu.tw/
出版地桃園縣, 臺灣 [Taoyuean hsien, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード南安巖主; 定光古佛 ; 鄭自嚴
抄録近幾年來,客家研究繁盛,不少學者投入其中。有的人員,甚至在二岸,從事田野調查。不管從文獻或是做調查,在閩西地域社會,尤其是汀州一帶,不可避免會碰到定光古佛信仰。對當地人而言,定光古佛不是佛經上的神佛,而是實際的人成神的,名叫鄭自嚴。
這位鄭自嚴,生於何時?生平為何?言人人殊。目前所見,至少有徐曉望、林國平、勞格文( John Lagerwey)、謝重光、山下一夫、劉長東投入此一課題,發表相關文章。其中林國平、勞格文根據南宋《臨汀志》、元代劉將齋《養吾齋集》等資料,構築鄭自嚴的略歷及定光古佛在明清的流傳情況,而徐曉望、山下一夫則提供幾則宋代的定光古佛資料,尤其是山下一夫率先指出北宋惠洪《禪林僧寶傳》中的鄭自嚴傳記,更值得重視。
本文在前賢基礎上, 利用《雲巢編》、《山谷集》、《石門文字禪》、《梁谿集》等宋代新資料,首先嘗試探索鄭自嚴的生平,其次描述他成為定光古佛經過、以及民眾信仰的情形。最後,檢討他與〝何仙姑〞之因緣。
目次一、南安巖主的的生平 216
二、〝定光古佛〞信仰的出現與流傳 230
三、〝定光古佛〞「聖傳」的形成 222
四、定光古佛與李綱、何仙姑 225
五、附錄:定光古佛資料選輯 228
ISSN16086848 (P)
ヒット数1664
作成日2007.07.31
更新日期2017.07.28



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
146305

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ