サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
現代禪宗心性思想研究的幾點評論=The Critical Reviews on the Thoughs of the Mind in Terms of the Morden Chan
著者 張國一 =Chang, Gwo-yi
掲載誌 圓光佛學學報=Yuan Kuang Journal of Buddhist Studies
巻号n.10
出版年月日2006.04
ページ291 - 326
出版者圓光佛學研究所=Yuan Kuang Buddhist College
出版サイト http://www.ykbi.edu.tw/
出版地桃園縣, 臺灣 [Taoyuean hsien, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード禪宗=Zazen Buddhism=Zen Buddhism=Son Buddhism=Chan Buddhism
抄録禪宗「心性」思想研究,是現代佛教研究的一個重要主題。「明心見性」- - 明何心」?「見何性」?也一直是許多人感到有興趣的問題。本文盡可能蒐集探究現代中、日、台、港學界,在此一主題上的研究成果。概括言之,略可得到五種詮釋理論:「主體說」、「唯心說」、「萬物一體說」、「實體說」、「任意虛構說」。不過,可以看見現代學者在研究方法上,多採主觀進路,禪的詮釋,往往成為研究者的自由心證。這樣的學風,與古來禪學研究者、實踐者不重文獻的傳統,有著密切的關聯。然此「我註六經」的主觀傳統舊路,很顯然,偏離了對禪「心性」思想的客觀理解。因此,筆者改採「文獻分析」的客觀研究進路,歷年來,陸續發表了7篇禪「心性」研究,獲得的成果顯示,禪「心性」主要具有:「通心物平等性之般若」、「作用」、「斷執」等三大內涵。便根據這樣的研究成果,略與現代研究作幾點比較與評論的工作。最後,也對何謂「通心物平等性之般若」?如何破「我法二執」,證「我法雙空」?作了一些分析。筆者的理解還是有限的,不過,無論如何,禪有其歸「宗」,絕非自由心證。現代禪宗研究,應避免顢頇攏統、故作神秘,與自由心證等問題。如何客觀正確展示禪的深刻內涵?如何建立「禪宗科學」,是現代研究者不可忽視的。如果禪宣稱他獲得了宇宙的真理與認識,那麼,何不科學地建立他?讓他為此文明世界貢獻一份力量!
ISSN16086848 (P)
ヒット数1418
作成日2007.07.27
更新日期2017.07.28



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
146307

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ