サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
中國禪宗思想發展史
著者 麻天祥
出版年月日2007.04.10
ページ579
出版者武漢大學出版社
出版サイト http://www.wdp.com.cn/index.asp
出版地武漢, 中國 [Wuhan, China]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
ノート修訂版
キーワード禪宗史; 禪宗=Zazen Buddhism=Zen Buddhism=Son Buddhism=Chan Buddhism; 佛教; 佛; 本體論=Ontology; 中論=Madhyamika-karika
抄録修訂版無改十年前出版的《中國禪宗思想發展史》的基本觀點和總體內容。依然強調,“它不是禪宗史,也不是單純禪宗的思想史,而是整個中國文化,或者文化中的禪的思想史”。集中論述…個觀點︰禪宗思想是大眾化的莊、老哲學。傘書用95%以上的篇幅,論述朱以後的佛教,尤其是禪宗,不是衰落,而是居高臨下的全面滲透;它重鑄了中華民族的人牛哲學,豐富了知識階層的理性思維,陶冶了中國知識分子的市美觀念。同樣也指出“禪”的創造性翻譯,以及禪宗思想的形成與發展,既得惠于莊、老,亦成就于莊、老;是莊、老的哲人之慧。修訂版不僅做了大量的文字上的琢磨,而且在“文字禪”一節做了一些補充,全部重寫了第四篇,並突出了胡適、印順對禪宗思想研究的貢獻,增加了禪與基督教本體論的對話一章。
ISBN9787307052987
ヒット数422
作成日2007.07.04
更新日期2007.07.04



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
146328

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ