サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
星雲對臨濟禪的詮釋
著者 麻天祥 (著)=Ma, Tien-hsiang (au.)
掲載誌 普門學報=Universal Gate Buddhist Journal
巻号n.40
出版年月日2007.07.01
ページ29 - 48
出版者佛光山文教基金會=Fo Guang Shan Foundation for Buddhist Culture & Education
出版サイト http://www.unigate.com.tw
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート本期專題: 星雲大師與人間佛教
キーワード禪宗=Zazen Buddhism=Zen Buddhism=Son Buddhism=Chan Buddhism; 菩薩道=菩薩行=The Bodhisattva Path=The Bodhisatta Path; 菩薩=Bodhisattva; 菩薩; 修行; 佛教; 佛法=Buddhadharma; 佛; 尼陀那=因緣=Nidana; 方法論=Methodology; 太虛=Taixu; 中國佛教=Chinese Buddhism; 入世佛教=人間佛教=Engaged Buddhism=Humanistic Buddhism
抄録縱觀中國佛教的歷史,顯而易見,星雲是在世界範圍內實踐並推動人間佛教的工程師。他說:「人間佛教就是佛說的、人要的、淨化的、善美的,凡是有助於幸福人生增進的教法。」基於這樣的理念,他數十年如一日,奔走人海,摩頂放踵,百挫而無反顧。如果說太虛在中國近代史上提出了人間佛教的概念,並嘗試系統化的理論論證,那麼,星雲無疑是全面實踐人間佛教的第一人。從表面上看,星雲的人間佛教模式是對太虛思想的繼承、發展和實踐,其實不然;從思惟邏輯和歷史發展上講,星雲的思想顯然是對佛法世出世間的全面理解,是對中國佛教歷代高僧大德實現覺悟之路的契合,是對臨濟禪的現代詮釋。毋庸置疑,佛教以絕物為終極追求,以覺行圓滿為最高境界,覺悟諸法因緣所生,故萬象皆假、皆幻、皆空,也就是中。所以「佛」,即此「覺」為佛教修行的最高果位。然而,覺行圓滿有賴於自覺、覺它,佛的最高果位也需藉悲智雙運、利益眾生的菩薩行方能成就。換句話說,實現覺悟成佛的超越追求,必須以現實人生為依託,引領世間眾生同趨覺路。這就是「上求無生,下教十善」,即禪門常說的「不離世間覺」。佛法正式以這樣的悖論對世出世間予以辯證思維的,自然也就為人間佛教思想奠定了合理性的邏輯思維基礎。就禪宗思想而言,通常說「南頓北漸」,雖然顯示以「悟」為根本,但悟是整個佛教的終極追求,而不是禪宗的標識。禪宗突出的是「於相離相」、「於念離念」,集中表現為實現覺悟,通向終極之路的方法論的探討。換句話說,禪宗之所以為禪宗,關鍵在於實現目的的方法,而不在於目標。臨濟禪尤不能例外,「喝」便是他的家風。所謂三玄、三要、四料簡、四照用,都是他實現成佛的獨特手段。星雲對臨濟禪的詮釋不在於方法,而且着眼於向禪和整個佛教思想的回歸;不僅用語言文字,而且以身體力行的社會實踐。
ISSN1609476X (P)
ヒット数1240
作成日2007.08.24
更新日期2017.12.07



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
147238

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ