サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
Humanistic Buddhism as Conceived and Interpreted by Grand Master Hsing Yun od Fo Guang Shan (II)=星雲大師對人間佛教的認知與詮釋(之二)
著者 Kimball, Richard L. (著)=理查.L.金波 (au.) ; 心化
掲載誌 普門學報=Universal Gate Buddhist Journal
巻号n.41
出版年月日2007.09.01
ページ(151) - (109)
出版者佛光山文教基金會=Fo Guang Shan Foundation for Buddhist Culture & Education
出版サイト http://www.unigate.com.tw
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese; 英文=English
ノート作者為西來大學教授
抄録本文旨在論述人間佛教在2,500年前如何開展,及今天如何因星雲大師的果決堅毅、努力不懈而再現於世。他所創建的佛光山僧團,總部位於南台灣。佛教從最初喬達摩創教到今天的復興,已歷經了多次的轉型與發展。星雲大師致力於把握佛陀教法的精髓,並將那些與現代世用有關之教義重新詮釋以順應時需。他的信仰與實踐不僅立基於佛陀的教法,也融和了過去祖師大德如六祖惠能大師及太虛大師等人之體驗與智慧。 佛陀不僅教導我們如何超越世間之苦,而且也指引我們如何應世接物。他倡導人人平等,眾生彼此密切關聯,生命的神聖,並建立健全生活的法則。為了弘揚這些具有人間性的理念,星雲大師將佛陀的慈悲喜捨教義融入日常生活以自利利他。他在全球廣設寺院道場及佛光會,將佛法散布到世界各個角落,期能在人間建設淨土,讓所有眾生都能積極面對生活,進而朝向菩薩乃至佛果涅槃等更高的品味。 本文論述星雲大師如何走出1940年代的戰亂中國,開創佛光山體系,並透過寫作、開示及社會活動,以實質的方式對各地文化產生影響。最後,本文從佛光山目前的結構,及包括星雲大師在內的許多佛光人的觀點,對於人間佛教的未來進行探討。
ISSN1609476X (P)
ヒット数230
作成日2007.12.25
更新日期2020.10.13



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
153123

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ