サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
親鸞をよむ
著者 山折哲雄
出版年月日2007.10.19
ページ222
出版者岩波書店=iwanami
出版サイト http://www.iwanami.co.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
キーワード親鸞; 道元
抄録今,あらためて親鸞をよむ.頭で「読む」のではなく,からだで「よむ」.それは,描かれたその面がまえから,残された筆跡から,歩いた道筋から,そして主著『教行信証』や〈和讃〉の言葉から親鸞の息づかいを感じとり,その苦悩にふれる営みである.加えて妻・恵信尼の自筆文書の新たな読み解きをもとに,親鸞90年の生涯の到達点に迫る.
目次
序章 ひとりで立つ親鸞
第1章 歩く親鸞、書く親鸞─ブッダとともに
第2章 町のなか、村のなかの親鸞─道元とともに
第3章 海にむかう親鸞─日蓮とともに
第4章 弟子の目に映った親鸞─唯円と清沢満之
第5章 カミについて考える親鸞─神祗不拝
第6章 親鸞をよむ─日本思想史のもっとも戦慄すべき瞬間
第7章 恵信尼にきく─日本思想史の背後に隠されていた「あま・ゑしん」の素顔

ISBN9784004310969
ヒット数401
作成日2008.01.02



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
153604

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ