サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
親鸞聖人と真宗
著者 千葉乗隆 (編) ; 幡谷明 (編)
出版年月日1985.04
ページ457
出版者吉川弘文館
出版サイト http://www.yoshikawa-k.co.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
シリーズ日本仏教宗史論集
シリーズナンバー第6巻
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
ノート主要参考文献: p454~457
キーワード親鸞; 菩提心; 教判; 戒; 比丘
目次二葉 憲香/親鸞研究に於ける時代・超時代両契機の分析/2-13
川崎 庸之/いわゆる鎌倉時代の宗教改革について/14-28
細川 行信/親鸞の「無戒名字ノ比丘」について/29-41
古田 武彦/親鸞に於ける悪人正機説について/42-55
寺川 俊昭/親鸞の批判精神/56-73
幡谷 明/真宗教判論序説 ─ 親鸞の菩提心論を中心として/74-104
森 竜吉/「自然法爾」消息の成立について/105-153
赤松 俊秀/初期真宗教団の社会的基盤について/154-165
梅原 隆章/浄土教教団論/166-179
平松 令三/高田専修寺の草創と念仏聖/180-190
宮崎 円遵/真宗における寺院の成立/191-202
柏原 祐泉/真宗における神祇観の変遷/203-221
北西 弘/一向一揆の基礎構造/222-244
新行 紀一/石山合戦期の湖西一向一揆/245-266
大桑 斉/近世真宗教団構造の諸類型 ─ 「申物帳」の分析から/267-298
森岡 清美/近世仏光寺教団における本末関係の持質/299-332
福間 光超/真宗教団近代化の一考察 ─ 西本願寺「集会」設立の前譜/333-348
福嶋 寛隆/「新仏教」運動と教団改革/349-369
千葉 乗隆/真宗寺院における本尊の推移/370-382
小川 貫弐/『教行信証』の書写と印刷/383-397
佐々木 求巳/御文開版考/398-411
堅田 修/真宗の声明についての一考察/412-425
児玉 識/真宗地帯の風習 ─ 「渡り」の宗教生活を探る/426-440
解説 -
ISBN9784642067461; 4642067469
関連書評
  1. 田村円澄編『日本仏教宗史論集』(全十巻) / 池田英俊 (著)=Ikeda, Eishun (au.)
ヒット数678
作成日2008.02.21
更新日期2022.04.14



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
155963

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ