サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
攝大乘論疏略述
著者 釋隆蓮
出版年月日1999
ページ174
出版者中國佛教文化出版有限公司
出版地九龍, 香港, 中國 [Kowloon, Hong Kong, China]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
キーワード攝論宗=Shelun Zong; 攝大乘論=Mahayana-samgraha; 漢傳佛教=大乘佛教=北傳佛教=Mahayana Buddhism; 瑜伽行派=唯識學派=Yogacara school; 慈恩宗=法相唯識宗=法相宗=Yogacara Buddhism; 開悟=證悟=Satori=Enlightenment; 菩薩=Bodhisattva; 菩薩; 菩提達摩=菩提達磨=達摩=達磨=Bodhidharma; 無著=Asanga; 唯識=Mind-Only Buddism=Consciousness-Only Buddhism=Vijnaptimatrata=Vijnaptimatra; 修行; 佛教; 佛; 因果=Cause and Effect=Causality=Causation; 世親=Vasubandhu; 六度=六波羅蜜=The Six Perfections; 尸羅=戒=command=Precept=sila=morality=rule=discipline=prohibition; 大乘論; 大乘
抄録《攝大乘論》為印度無著菩薩造,係解釋古印度《大乘阿毗達磨經》之〈攝大乘品〉,闡述大乘教義,著重瑜伽行派之觀點,共分十章。是闡明大乘道行果特點極其精要之書。以大分彼入因果(有關證悟法相的名類因果)及彼修差別(有關因果修行的次第)兩個方面說大乘道,因果以六度為綱,差別以十地為綱。以戒定慧三無漏學說大乘行。以彼果斷及彼果智兩個方面說大乘果。以十相攝大乘義盡,顯大乘之殊勝。因其內容賅攝大乘佛教之一切聖教法門要義,故稱《攝大乘論》。為攝論宗與法相唯識宗之根本論典。本論之註疏極多,而以陳真諦譯世親菩薩造《攝大乘論疏》為最著。本疏略述係作者一九三六年在成都佛學社聽唯識學專家王恩洋先生講《攝大乘論疏》而寫的略述,是為「挈示大意,令便受持」而寫的。經王恩洋先生校閱後為之寫敘,讚為「以顯了之筆,述精深之意,入能達聖言,出能喻初學」。
ISBN9627571253
ヒット数728
作成日2008.04.11
更新日期2014.01.15



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
158254

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ