サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
明治思想家論
著者 末木文美士
出版年月日2004.06.20
ページ330
出版者トランスビュー
出版サイト http://www.transview.co.jp/transview.top.htm
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
ノート近代日本の思想・再考1
抄録島地黙雷、井上円了、清沢満之から田中智学、岡倉天心、西田幾多郎まで、伝統を背負いながら、近代とのはざまで苦闘した12人をとりあげ、仏教思想の可能性を見直す、新たな日本思想史を展開する。

目次
序章 近代思想を見直す-明治の思想と仏教-
第一章 神仏習合から神仏補完へ─島地黙雷
第二章 純正哲学と仏教─井上円了
第三章 倫理化される宗教─井上哲次郎
第四章 講壇仏教学の成立─村上専精
第五章 内面への沈潜─清沢満之
第六章 <個>の自立は可能か─高山樗牛
第七章 体験と社会─鈴木大拙
第八章 神を見る─綱島梁川
第九章 国を動かす仏教─田中智学
第十章 社会を動かす仏教─内山愚童・高木顕明
第十一章 アジアは一つか?─岡倉天心
第十二章 純粋経験からの出発─西田幾多郎
明治思想の可能性-むすびにかえて-
年表
あとがき
ISBN9784901510240
ヒット数314
作成日2008.04.22
更新日期2008.04.22



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
158585

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ