サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
近代日本と仏教
著者 末木文美士
出版年月日2004.06.20
ページ382
出版者トランスビュー
出版サイト http://www.transview.co.jp/transview.top.htm
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
ノート近代日本の思想・再考2
キーワード往生
抄録丸山眞男の仏教論、アジアとの関わりなど、近代仏教の多様な可能性とそこに潜む危うさを、テーマ、方法、歴史などさまざまな視点から考察する刺激に富んだ論集。

目次
1 近代思想と仏教(日本の近代はなぜ仏教を必要としたか
内への沈潜は他者へ向かいうるか─明治後期仏教思想の提起する問題
京都学派と仏教
阿闍世コンプレックス論をめぐって)
2 解釈の地平(和辻哲郎の原始仏教論
丸山真男の仏教論─“原型=古層”から世界宗教へ
『歎異抄』の現代─山折哲雄『悪と往生』に寄せて)
3 仏教研究への批判的視座(仏教史を超えて
批判仏教の提起する問題
日本における禅学の展開と展望
アカデミズム仏教学の展開と問題点─東京(帝国)大学の場合)
4 アジアと関わる(近代仏教とアジア─最近の研究動向から
日中比較によりみた近代仏教
大川周明と日本のアジア主義)
ISBN9784901510257
ヒット数309
作成日2008.04.22



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
158588

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ