サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
1930年代的佛教與政治 -- 太虛法師和蔣介石
著者 侯坤宏
掲載誌 四川師範大學學報 (社會科學版)=Jounal of Sichuan Normal University (Social Sciences Edition)
巻号n.5
出版年月日2006
ページ126 - 132
出版者四川師範大學學報 (社會科學版)編輯部
出版地成都, 中國 [Chengdu, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者簡介:侯坤宏(1955-) ,男,漢族,臺灣嘉義人,協修,近年來以民國佛教史為主要研究方向。
キーワード太虛法師; 蔣介石; 奉化雪竇寺; 政教關係=correlation of politics and religion
抄録太虛法師與蔣介石的關係,可分為1930年代以前太虛法師初識蔣介石、1930年代的太虛法師與蔣介石、1930年代以后的太虛法師與蔣介石幾個階段,透過全文,我們可以了解太虛法師與蔣介石的交往情形,進而窺知民國史上佛教與政治關系之一斑--“不即不離,相互裨益”的政教關系原則。

目次一.太虛法師初識蔣介石(1930年以前的太虛法師與蔣介石) 126
二.1930年代的太虛法師與蔣介石 128
(一)戰前(1930-1936) 128
(二)戰時(1936-1939) 129
三.1930年代以後的太虛與蔣介石(1940-1947年) 130
四.結論 130
參考文獻 132
ISSN10005315 (P)
ヒット数558
作成日2008.05.21
更新日期2019.11.12



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
160028

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ