サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
鎌倉仏教展開論
著者 末木文美士=Sueki, Fumihiko
出版年月日2008.04
ページ320
出版者トランスビュー=Transview
出版サイト http://www.transview.co.jp/transview.top.htm
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
キーワード鎌倉仏教; 親鸞; 道元; 密教; 神道
抄録鎌倉時代を、親鸞・道元・日蓮らが代表する新仏教の時代と見るのは、一面的な見方にすぎない。鎌倉仏教観を変えた顕密体制論をさらに超えて、この時代の思想を総合的に捉えようとする斬新、意欲的な論集。日本仏教研究をリードし、時代に対しても果敢な発言を続ける著者の最新の成果。鎌倉中世精神史の新たな見方を提示する。*著者の代表作の一つ『鎌倉仏教形成論─思想史の立場から』(1998年、法蔵館)のさらなる展開。

目次
鎌倉仏教をどう見るか
方法と概観(日本宗教史の中の仏教;鎌倉仏教の形成と展開)
鎌倉仏教の形成(本覚思想をめぐって;浄土教の思想;栄西における密と禅)
鎌倉仏教の展開(日蓮の真偽未決遺文をめぐって;密教から見た諸宗─頼瑜の諸宗観;無住の諸行並修思想;『夢中問答』にみる夢窓疎石の思想;仏教と中世神道論─神・仏・天皇論の展開)
中世から捉え返す思想史
ISBN9784901510592
ヒット数682
作成日2008.06.25
更新日期2008.12.05



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
161170

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ