サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
親鸞と如信
著者 今井雅晴
出版年月日2008.04
ページ178
出版者自照社出版=Jishosha Suppan
出版サイト http://www.jishosya.co.jp/
出版地京都, 日本 [Kyoto, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
キーワード親鸞
抄録親鸞の初孫・如信は、初期真宗教団ではいかなる存在であったか。父・善鸞の事件、その中での如信の心境と関東の門弟達の関係を、史料を駆使して読み解く。覚如による本願寺三代伝持の如信の位置付けをも論証。

目次
第一章 親鸞と如信
第二章 如信の誕生と親鸞
第三章 善鸞の事件と如信の関東下向
第四章 如信の関東での活動
第五章 如信の信仰と覚如の『口伝抄』
第六章 大網門徒の成立と如信の入滅
第七章 大網門徒の展開
第八章 歴史のなかの親鸞と如信
ISBN9784903858173
ヒット数335
作成日2008.07.02



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
161826

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ