サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
仏の道に救いはあるか -- 迷僧公朝のひとりごと
著者 西村公朝=Nishimura, Kocho
出版年月日2008.04.25
ページ157
出版者新潮社=SHINCHOSHA
出版サイト http://www.shinchosha.co.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
抄録稀代の仏師にして、自称“迷僧”公朝、入魂の遺稿発見!なぜ座禅なのか?悟りとは?釈尊は人間か仏か?死後の命とは?そして、生きるとは?仏の道を真摯に問い直す、最後の法話。

目次
1 凡人の迷想
2 仏たちの苦行
3 肉体は安く、生命は高い
4 釈尊は人間か仏か
5 弥勒如来とはどんな仏か
6 自責の親鸞
7 説法師になれるか
8 人間の脱皮
ISBN9784103765028
ヒット数163
作成日2008.07.08
更新日期2011.08.29



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
162297

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ