サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
中國近代佛教的再思考=Rethinking for Chinese Buddhist in Modern Time
著者 麻天祥 (著)=Ma, Tian-xiang (au.)
掲載誌 雲夢學刊=Journal of Yunmeng
巻号v.25 n.5
出版年月日2004.09
ページ25 - 29
出版者湖南理工學院
出版サイト http://www.hnist.cn/
出版地湖南, 中國 [Hunan, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード佛教=Buddhist; 佛法=Buddhism; 寺僧=Monk; 居士=Upasaka or Upasika; 學術=academy; 知解; 通經致用=serving country and society; 探賾索隱=academy research
抄録從邏輯框架上看,中國近代佛教呈現寺僧、居士、學者三種形態,分別以衛教、弘法、濟學為重心;知解、信行兩種方法;通經致用、探賾索隱兩條道路;哲學、歷史、科學三個領域。就內容而言,知解重於信行,學理盛於教宗,也就是說,與僧團活動相比較,學術研究占據主要地位。

There are three forms of Buddhist in the modern time of China. They are Buddhists of monks, Upasaka or Upasika(Jushi), and scholars. Monks focus their efforts on selves defence for Sangha. Upasakas focus their efforts on publicizing Buddhism. It is interested in academic research that scholars study Buddhist. So in the Modern time of China, Worldly-Buddhist becomes main trend, Upasaka-Buddhist spring up, scholars interpret Buddhism in selves idea. There are two methods of knowledge and practice Buddhism, two research orientations of serving country and society, and academy research. Academy research was more important than factional action of Buddhist.
目次多元與整合 25
趨向知解的多學科研究 27
ISSN10066365 (P)
ヒット数422
作成日2008.09.18
更新日期2020.02.12



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
165588

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ