サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
達賴喇嘛:心與夢的解析:答覆佛洛伊德未解的問題=Sleeping, Dreaming and Dying: An Exploration of Consciousness with the Dalai Lama
著者 第十四世達賴喇嘛 ; 法蘭西斯可.凡瑞拉 (編)=Francisco, Varela (ed.) ; 楊書婷 ; 姚怡平
初版
出版年月日2008.09.02
ページ272
出版者大是文化出版社
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
抄録做夢時也能修行嗎?如何修習睡夢瑜珈?
夢境究竟是未來的預言或只是幻覺?
為何人害怕死亡?
這是一場科學與心靈的對談,
達賴喇嘛超越了物質與生理的領域,提出給西方科學界的解答。
睡眠、夢境與死亡的課題,這些都是令科學家與禪修者專注探索的主題,也是所有人類的共通經歷。儘管心理學發軔百餘年(若上溯自一八七九年),然而這些課題仍然帶著神秘感與奇幻感。佛法對於心的深入解析,正好彌補了西方科學家的缺憾。
佛法是「心的科學」,達賴喇嘛主張,重視心靈的價值,才能讓人找到真正的快樂。他以深厚的佛法基礎,說明了自己如何了解自己,擺脫紛擾的煩惱。
□佛洛伊德對於心的認識有侷限性
□你記得自己做過的夢嗎?做夢的時候,你知道自己在做夢,就叫做清明夢。
□人類為何避談死亡?
□做夢的時候也能修行?如何修持睡夢瑜珈?
□腦死就是死亡嗎?死亡的階段和死亡的品質如何觀察?
□瀕死經歷是夢境?
目次序一:內在的科學∕達賴喇嘛
序二:科學與心靈的交集∕鄭振煌
前言
與會專家生平簡介
第一章 自我之內有什麼?
第二章 身睡,腦不睡
第三章 透視夢境與潛意識
第四章 掌握夢境
第五章 西方人眼中的死亡
第六章 何謂肉體死亡
第七章 瀕死經歷
尾聲:省思
譯者後記∕楊書婷
《附錄一》死亡過程與中陰狀態
《附錄二》名詞解釋
ISBN9789868428584 (平裝)
ヒット数508
作成日2008.11.14
更新日期2020.12.28



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
168482

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ