サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
船山先生的佛學現量觀=On Wang Chuanshan's Idea of Xian Liang
著者 麻天祥 (著)=Ma, Tian-xiang (au.)
掲載誌 衡陽師範學院學報=Journal of Hengyang Normal University
巻号v.27 n.2
出版年月日2006.04
ページ1 - 5
出版者衡陽師範學院
出版サイト http://www.hynu.edu.cn/index.jsp
出版地湖南, 中國 [Hunan, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:武漢大學哲學學院
キーワード現量=Xianliang=Intuition; 比量=Biliang=The logic thinking; 法相=FaXiang=The phenomenal appearance of Dharma; 唯識=Weishi=consciousness-only; 王船山=Wang Chuan-shan
抄録王船山,平生多與僧人交遊,思想上沿襲宋明思想家的理路,遊走於儒、佛、老之間,對佛學兼包並容,並有《相宗絡索》傳世。在認識論、方法論上,全盤吸收法相宗對「識」的分析和認知過程的探討,突出現量在認知過程中的覺悟己性真實的重要作用,固然只是對相宗各種概念的注釋,其現量論也只是因明學的翻版,既非創建哲學體系的需要,也非經世致用的理論指導,更不是修證的實踐,但其承前啟後的作用實在功不可沒。

Wang Chuanshan makes friends with the Buddhist monks more in all his life, follows the line of reasoning of thinkers in Song and Ming dynasty and incorporates into Buddhism, Confucianism and Taoism on his thought and compose The sketch of FaXiang school. On epistemology and methodology, he absorbs FaXiang's analysis on Shi (consciousness) and discussion of the knowing course in order to stand out the true important function of XianLiang (intuition) to know self-nature. Although these works just annotates the different notions of the school of FaXiang and a reproduction of Hetuvidya Logic, it is not the need of establishing the system of philosophy and the politics theoretical direction, not even the practice of cultivation, but it's function of taking over from the past and setting a new course for the future performed meritorious deeds can never be neglected indeed.
ISSN16730313 (P)
ヒット数601
作成日2008.11.28
更新日期2020.06.10



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
169634

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ