サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
無常という名の病 -- 受け継がれる魂の遺伝子
著者 山折哲雄=Yamaori, Tetsuo
出版年月日2008.01
ページ355
出版者サンガ=Samgha Publishing Co.,Ltd.
出版サイト http://www.samgha.co.jp/
出版地仙台, 日本 [Sendai, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
ノートサンガ新書 ; 020
抄録鴨長明から美空ひばりへとリレーされてきた“行く川の流れ”。そこに日本人の魂の遺伝子として受け継がれる「無常観」を見、“無常なるもの”の発生と根拠を、和辻哲郎や良寛、折口信夫、宮沢賢治、高村光太郎、坂口安吾、中原中也などの先達に訪ねる。宗教を軸に、思想、文芸、芸術、芸能にまでその軌跡を記し、日本人は自然とどう向き合ってきたか、死をどのように受け入れてきたかを通し、日本人のアイデンティティーの在りかを探る山折哲雄の思索の旅。

目次
1 無明の意志─和辻哲郎の知的巡礼の旅
2 春は花─風土とともに生きた含羞の人、良寛
3 歌の円寂するとき─叙情の根拠と無常観
4 森と砂漠のアナロジー─森林幻想の終末
5 無常とは何か─“同行二人”に見る日本人の心の世界
6 果たして人間は疑う葦か─近代西洋の人間観と日本人のジレンマ
7 悪とは何か─「堕落論」に見る坂口安吾の無常感覚
8 看取りと祈り─共に死んで行くということ
9 名辞以前の言葉─中原中也と宮沢賢治の魂の行方
ISBN9784901679626
ヒット数483
作成日2008.12.05
更新日期2008.12.05



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
169671

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ