サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
智者中道圓頓思想之研究=A study on the thought of Jong Daw Yuan Duenn of Zhi Zhe
著者 施凱華 (著)=Shih, Kai-hua (au.)
出版年月日2008
出版者輔仁大學哲學研究所
出版サイト http://ph.ourpower.com.tw/cubekm02/front/bin/home.phtml
出版地臺北縣, 臺灣 [Taipei hsien, Taiwan]
資料の種類博碩士論文=Thesis and Dissertation
言語中文=Chinese
学位博士
学校輔仁大學
学部・学科名哲學研究所
指導教官潘小慧
卒業年96
抄録本論文是以智者「中道實相」為論證主軸,以「中道實相即一切法,一切法即中道實相」之論證義理架構,彰顯出其所蘊涵之圓滿微妙教義之展現與實現。經由對智者相關之經論義理之論證推演,本論文欲建構與開展出六重義理論證進路,進至如下之預期與展望:一、首先,以「智者對「中道實相」之詮釋與運用」為主題,由於「中道實相」具備了圓合一切法教之無限寬廣義理特質。是故,本論文欲將「中道實相」的義理,作擴延式的義理表現方式,以之向外開展與延伸。二、其次,以相待妙與絕待妙之義理,統貫於各面向之法義,形成開權顯實、開跡顯本,乃至開麤顯妙之辯證主軸與論證之主體。藉以轉化一切相待及不相融之教法,為一切皆妙之理。三、以「智者「三軌成乘」之中道圓頓範疇論證模式」之主軸,開展「三軌成乘」之義涵,透過圓教之「圓妙三法」為其根本形式之三重範疇化的義理概念,來詮釋與論證「中道實相」之內在底蘊。四、以「智者「覺意三昧」之中道圓頓觀」,論究智者於摩訶止觀思想上,最為看重之四種三昧中之「覺義三昧」之要義,進而開展出智者之中道圓頓思想,展現在圓頓觀法與禪觀之探究。五、以「智者「四句分別」之中道圓頓論證形式」,深入論證智者對於佛教特有之「表詮法」與「遮詮法」的應用方式,並以之開展出「中道實相」義的即肯定即否定之論證模式。
六、以「智者「中道圓頓」思想於詮釋學之意義與開展」之主題,展現為四種基本之辯證原理:(一)、「教門」即「觀門」之統整,(二)、「方便」即「實際」之會歸,(三)、「現象」即「本體」之融攝,(四)、「真空」即「妙有」之體用。此外,著者並引用傅偉勳之創造的詮釋學之論證方法,以重重深化轉進的辯證方式,分別從實謂、意謂、蘊謂、當謂、創謂等五重義理論證進路中,藉以開展出智者「中道圓頓」思想之深廣妙理。綜上而論,透過「中道實相」所蘊具之一門異解,及同體異義的多重面向的論證與詮釋,以開展出智者「中道實相」之擴延義、究竟義、與真實義。
ヒット数336
作成日2008.12.05
更新日期2015.08.04



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
170198

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ