サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
無功徳
著者 玄侑宗久
出版年月日2008.10
ページ198
出版者海竜社
出版サイト http://www.kairyusha.co.jp/index.html
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
抄録すべてにおいて功徳や効率が重視される現代社会。しかし「無功徳の行のなかにこそ、甚大なご利益がある」と玄侑和尚は語ります。功徳を求めるのではなく、ご利益があったと嬉しがることこそ素晴らしい。今の世の中に足りないこの嬉しさとは、いったいどういうものなのか。人間関係の悩み、社会システムの問題、息苦しい社会における心の取り扱い方など、現代社会が直面しているあらゆる問題を、禅ではどういうふうにとらえ、どう対処するのか説きます。

目次
第1章 人間関係の悩みを解決する(自分を変える 禅の手引き─人間関係の悩みへの処し方
大目にみる─分析や計画はほどほどに、にこにこ仕事するために ほか)
第2章 生きにくい世の中の、瀬戸際に思う(絶対的なモノサシはない 相補的な見方(1)─真理を求める意志と、現状を温かく容認する態度
破綻しかけている教育現場 相補的な見方(2)─医療、福祉、教育の現場に求められる双つの眼差し ほか)
第3章 心という危険物を取りあつかう(安楽の法門─不便さや苦痛とのつきあい方
自殺と向き合う─無常な「いのち」のなりゆきを見つめて ほか)
第4章 人生の豊かな時間をつくる(「金銭的満足」と「心の豊かさ」の方程式─概念を捨て、本当の「いのち」に目覚めるために
お金で買えないもの─商品化できない「幸せ」とは何か ほか)
第5章 無功徳を生きる(風流の起源─自然の脅威や、死や病など非日常を宥める禅の心がけ
裸にもどって出直す─分業の有難さと、独りではないことを実感する法 ほか)
ISBN9784759310399
ヒット数214
作成日2008.12.17
更新日期2008.12.17



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
171197

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ