サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
仏教瞑想論
著者 蓑輪顕量
出版年月日2008.12
ページ209
出版者春秋社
出版サイト http://www.shunjusha.co.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
抄録仏教の「瞑想」とは、いったいどのようなものか。体験の宗教・仏教、その瞑想の具体的なあり方を明快に語り、あわせて、中国・日本の東アジア世界の瞑想修行を示し、現代アジアに展開する現在の仏教瞑想の姿を描く。

目次
第1章 仏教瞑想とはなにか─サマタとヴィパッサナー(輪廻思想
輪廻の根源は心の働き ほか)
第2章 東アジア世界の仏教瞑想(中国への仏教の伝播
仏典翻訳の時代 ほか)
第3章 日本における瞑想修行(日本仏教の特徴
南都の伝統 ほか)
第4章 現代アジアの瞑想の実際(ミャンマーにおける瞑想
マハシーの実践 ほか)
ISBN9784393133781
ヒット数313
作成日2009.03.05
更新日期2009.03.05



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
173141

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ