サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
近代中國佛教的復興 -- 與日本佛教界的交往錄
著者 蕭平
出版年月日2003.01.01
ページ354
出版者廣東人民出版社
出版サイト http://www.gdpph.com/
出版地廣東, 中國 [Guangdong, China]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
抄録有關中國控佛教復興的研究,曾受到文學、史學、哲學以及宗教等各界的高度重視。如何正確理論和認識它,不僅有利于澄清歷史,更有助于中國佛教今後的發展提供借鑒。佛教于近代中國的復興,亦是一個國際化現象,其與當時國際社會的動態,緊密相邊。本文以近現代中日佛教徙相互交涉的具體史實為依據,北結合中日雙方的社會背景,探討了在近代中國佛教復興的過程中,與日本之間發生的各種聯系及受到的影響。中國佛教自古就是具有極強的國際性,但自玄奘從印度歸來以後,中國佛教徙不很少再跨出國門取經求學,其與外界的接觸也日漸減少。近代以來,中國佛教徙通過與日本佛教界人士的廣泛接觸,國際化意識有所增強,從而有向海外弘傳佛教之舉。另外,中日佛教徙間亦多有互房活動,其中日本佛教徙或佛教學者來華重在巡禮和探訪中國佛教祖跡,中國佛教徙赴日則主要考察日本佛教情況,雙方各有所得。佛教于近代中國的復興,從總體上可歸為佛法和僧眾兩方面。近代日本佛教的成功經驗,曾為中國的佛教復興倡導者們所效法。但日本佛教實現的所謂現代化轉型,是以失去佛法精神以換取僧眾利益為特征的,故而其模式對中國的佛教復興事業亦帶來了諸多的不良後果。
ISBN7218041078; 9787218041070
ヒット数187
作成日2009.03.16
更新日期2016.09.30



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
174062

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ