サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
著者 釋果鏡 (著)=呂淑玲 (au.)
掲載誌 世界佛教論壇論文集(第2屆)
出版年月日2009.03.28
出版者世界佛教論壇籌備辦公室=Preparatory Office of the World Buddhist Forum
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
抄録佛教在兩千五百多年前,釋迦牟尼佛誕生在人間,留下了三藏十二部的經典,其中所記錄的佛法,都是為了要提升人品、凈化人心、改善人的環境。西元2002年在泰國曼谷召開第一屆“世界宗教暨精神領袖理事會”會議上,聖嚴法師提出:“二十一世紀的人類心靈的貧乏所衍生的問題,比物質貧窮的問題更嚴重。物質貧窮雖然在生活上會有饑餓、疾病等苦難,心靈貧窮卻容易讓人們對自然環境與社會環境造成毀滅性的破壞。”這種一針見血的真知灼見,不只是激起了在場人的省思,同時也喚醒了解決人類的問題,必須從我們的“心”著手。佛教對於解決物質貧窮的方法是鼓勵佈施、努力生產、加強教育;解決心靈貧窮的方法,是提倡心靈環保。以心靈環保的理念和方法,讓大家體驗到個人的物質生命是短暫而渺小的,全體的精神生命是不受時間和空間限制的,再運用佛教的理念及方法,推廣不良風俗的改革,便可以化解心靈貧窮所帶來的災難和危機。心靈環保的理念和方法是什麼?以佛教的角度來說,心靈環保就是慈悲心、智慧心。以慈悲心及智慧心來利人利己,有慈悲心便不見有敵人,有智慧心便不會起煩惱。具體的方法就是推行“心五四”運動以及“心六倫”運動,並透過禪法體驗個人生命的短暫與渺小,體驗不受時間和空間限制的精神生命,來改革不良風俗,以達成凈化人心,建設人間凈土的目標
情報源
ヒット数689
作成日2009.05.27
更新日期2015.08.24



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
177328

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ