サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
佛教道德觀
著者 釋隆蓮
掲載誌 普門學報=Universal Gate Buddhist Journal
巻号n.48
出版年月日2008.11.01
ページ55 - 65
出版者佛光山文教基金會=Fo Guang Shan Foundation for Buddhist Culture & Education
出版サイト http://www.unigate.com.tw
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
抄録佛教釋「道」有多義:一、「道」是「通」義,善惡業道通生苦樂異熟果,故名爲「道」。善爲道, 不善爲非道。此爲世間道。二、道謂涅槃路,能往涅槃城故。此為出世間道。三、發菩提心,修菩薩行,至無上佛果,爲無上菩提道。「德」亦有多義:依道而行,所獲勝利,名爲德,如涅槃四德、法身三德等。某種人必具的條件,亦稱爲德,如善知識十德,知事五德。佛教所學謂三無漏學,即戒、定、慧。但常稱戒德,罕聞於定慧稱德,是佛教於道德,一般亦從行爲的價值而衡量。佛教的道德觀,最具體的是戒學。
目次一、世間道的道德觀 56
二、出世間的道德觀 57
三、出世復入世的道德觀 59
ISSN1609476X (P)
ヒット数414
作成日2009.06.18
更新日期2018.03.21



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
180577

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ