サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
趙州 -- 飄々と禅を生きた達人の鮮かな風光
著者 沖本克己
出版年月日2008.12
ページ214
出版者臨川書店=Rinsen Book Co.
出版サイト http://www.rinsen.com/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
ノート唐代の禅僧6/沖本克己(おきもと・かつみ)臨済宗自肯院住職、花園大学名誉教授
キーワード趙州; 禅僧
抄録名は従諗。馬祖道一─南泉普願─趙州と禅法を承ける。南泉を嗣いだのち六〇歳にして行脚を始め、諸方に参禅問法二〇年、八〇歳で趙州(河北省)観音院に住し、何と一二〇歳まで禅法を揚げたと伝えられる。自在の言葉による学人接化の禅風は「口唇皮禅」と呼ばれ、唐末に「北に趙州あり」と称されて臨済をも凌ぐ名声を博した。一代の語録『趙州録』三巻には、「庭前の柏樹子」「仏性有無」「洗鉢去」「喫茶去」などの活句が充満。

[提要]
「喫茶去」「狗子仏性」「栢樹子」 ─悠然と生きたその生涯で、後に著名な公案となる数々の言葉を残した趙州従諗(じょうしゅうじょうしん)。「口脣皮禅」と評される巧みな弁舌で一世を風靡し、「北の趙州、南の雪峰」と並び称された達人の生涯と言葉を、独自の視点で読み解く。

目次第1章 序論 時代の風・土のにおい
第2章 伝記
第3章 南泉下の日々
第4章 再行脚
第5章 晩年
第6章 時代とともに
ISBN4653039968 (pbk); 9784653039969 (pbk)
ヒット数395
作成日2009.06.29
更新日期2017.01.04



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
181185

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ