サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
日本仏教の教理形成 -- 法会における唱導と論義の研究
著者 蓑輪顕量
出版年月日2009.03
ページ318
出版者大蔵出版=ダイゾウ シュッパン
出版サイト http://daizoshuppan.bunkensystem.co.jp
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
ノート初版
キーワード中国; 隋唐; 教理仏教; 法相; 三論; 華厳; 天台
抄録当時の東アジアで最高の文化を誇っていた中国隋唐代の高度な教理仏教を学び、法相・三論・華厳・天台などの諸宗を形成して自家薬籠中のものとしていった日本仏教黎明期の学僧たち。彼らの教理研鑽を促進したのは、朝廷や貴族が主催した格式高い法会であった。
本書では、法会の言説を記録した資料を読み解き、その様子を明らかにする。これらの法会では、南都・北嶺より当時の高僧たちが招集を受け、経典の講讃や異宗派間での教理問答が行われた。この営みが僧侶たちの教理を重視する態度を養い、後代において論理基盤となる<学問知>を蓄積して
ISBN9784804305738
ヒット数175
作成日2009.07.21
更新日期2009.07.21



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
201318

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ