サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
「本生譚」的詮釋=A Mythological View of Jataka
著者 釋如石 (著)=Shih, Ru-shi (au.)
掲載誌 普門學報=Universal Gate Buddhist Journal
巻号n.5
出版年月日2001.09.01
ページ101 - 112
出版者佛光山文教基金會=Fo Guang Shan Foundation for Buddhist Culture & Education
出版サイト http://www.unigate.com.tw
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード釋如石; Ven. Ru Shi; 本生譚; 神話學; 集體潛意識; 永恒懷念; 大乘起源
抄録從神話學的觀點來看,部派佛教中的「本生譚」經典具神話的性質. 因此在本文中,筆者便嘗試從神話學的角度,去探討「本生譚」的意義,價值及它們被集成背後的心理因素,並說明雖「本生譚」經典是一些帶有神話性質的宗教文學作品,但它們確實傳達了大乘種姓的佛弟子來自心靈深處的呼喚 -- 倣效佛陀,追求超越,追求圓滿,追求自他生命全體圓成的正覺境界; 而這些呼喚又勢必會引發其他佛弟子大乘心靈的共鳴,乃至於醞釀出整個大乘佛教的興起. 所以,「本生譚」經典的集成最主的心理因素,極可能是佛弟子「集體潛意識」(collective subconsciousness)中欲倣效佛陀,追求超越的生命終極關懷,而不只是意識上對佛的「永恆懷念」.

目次一、前言 1
二、「本生譚」與神話心理 3
(一) 「本生譚」為什麼以神話型態出現 3
(二) 「本生譚」神話的意義與價值 4
(三) 「本生譚」神話探源 5
(四) 「本生譚」集成的心理因素非「永恒懷念」 6
三、結論 7
ISSN1609476X (P)
ヒット数1404
作成日2009.07.29
更新日期2017.10.18



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
202305

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ