サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
佛教對「身心疾病」的看法=Buddhist View on Body and Mind Illness
著者 釋星雲 (講述)=Shih, Hsing-yun (spk.) ; 釋滿義 (整理)=Shih, Man-yi (arr.)
掲載誌 普門學報=Universal Gate Buddhist Journal
巻号n.17
出版年月日2003.09.01
ページ257 - 290
出版者佛光山文教基金會=Fo Guang Shan Foundation for Buddhist Culture & Education
出版サイト http://www.unigate.com.tw
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード佛教; 身心疾病
目次一、自己作自己的醫生 2
二、勤修戒定慧,息滅貪瞋癡 4
(一)以不淨觀對治貪欲 5
(二)以慈悲觀對治瞋恚 6
(三)以因緣觀對治愚癡 6
(四)以念佛觀對治業障 6
(五)以數息觀對治散亂 6
三、用理智克制情緒 7
四、用正念降伏煩惱 8
(一)和人相處,不要比較、不要計較 9
(二)煩惱來了,人家比我好,我祝福他 10
(三)凡事不強求、不執著 10
(四)平時自己要有很多正當的興趣、正當的工作、正當的習慣 10
(五)要常常自我反省:「我不行、我不好。」 10
(六)待人親切,奉行做好事、說好話、存好心的「三好運動」,就能少煩惱 10
五、用智慧化解生老病死 10
六、用觀照力去除壞習慣 14
七、用慈悲包容人生的缺憾 16
八、用守法避免傳染 17
九、用悲願消除業障 18
十、用自我肯定活出自己的道路 19
十一、用智慧點亮心燈 20
十二、待人好以和諧人際 22
ISSN1609476X (P)
ヒット数1249
作成日2009.08.03
更新日期2017.11.20



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
203074

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ