サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
道與「罪」? -- 中、英文《聖經》翻譯中本體論和人性論的文化差異=The Cultaral diffrences Between Chinese and English Holy Bible on the Ontology and Human nature
著者 麻天祥 (著)=Ma, Tien-hsiang (au.)
掲載誌 普門學報=Universal Gate Buddhist Journal
巻号n.28
出版年月日2005.07.01
出版者佛光山文教基金會=Fo Guang Shan Foundation for Buddhist Culture & Education
出版サイト http://www.unigate.com.tw
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者為武漢大學宗教學系教授
抄録自古至今,世界上每一個國家、民族都擁有自己的文化,也就是說,都擁有在特定的地域、特定的生存環境中,持續醞釀並形成自己對宇宙和生命的特有的理解,而且在現實,或者說在既存的時空環境中,以及「一切已死的先輩的傳統」影響下,不斷充實、完善、發展而積澱在民族心理深層的系統觀念。它不僅凝聚了人的「創造」欲望,事實上更多地表現出各自對「自在」的對象世界認同的特徵。我們生存的這個世界,乃至宇宙是從哪裡來的?是如何生發而成的?我們人又是從哪裡來的?人的本質是什麼?決定人的本質的又是什麼?無論東方還是西方,強國還是弱國,先進民族還是落後民族,都不能不對這樣的問題,即包括自身在內的「自在」(宇宙和生命)作深層次的思考,並形成各自的思惟模式──特別是本體論和人性論。正因為如此,任何時候,對任何事物的理解,自然而然也就留下各自文化的深深的烙印。原本希伯來人創立並尊崇的宗教,一旦在世界範圍廣為流行,他們奉持的經典──舊約和新約──也就是大多數人習而不察的「聖經」,被譯為不同文字,而與不同國度的社會信仰熔鑄在一起的時候,也不能例外,同樣表現出各自思惟的特色或者說文化的特徵。試比較中、英文聖經,我們不難看出在本體論和人性論方面,兩種文化差異的微妙之處。
ISSN1609476X (P)
ヒット数1301
作成日2009.08.05
更新日期2018.03.14



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
203883

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ