サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
佛教對安樂死的看法 -- 星雲大師新加坡醫學座談會紀實
著者 釋星雲 (講述)=Shih, Hsing-yun (spk.) ; 釋滿義 (整理)=Shih, Man-yi (arr.)
掲載誌 普門學報=Universal Gate Buddhist Journal
巻号n.16
出版年月日2003.07.01
ページ287 - 304
出版者佛光山文教基金會=Fo Guang Shan Foundation for Buddhist Culture & Education
出版サイト http://www.unigate.com.tw
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード安樂死; 醫學座談會; 佛教與醫學; 星雲
抄録所提問題如下:
一、佛教對安樂死有什麼立場? 2
二、醫生在面對臨終病人要求給他注射一針來結束生命時,應該如何安撫與應對? 3
三、根據以上論點,為什麼說最愛他的人有權決定要不要給予安樂死? 3
四、醫學對死亡的定義是心臟停止跳動和腦死,這和佛教的看法是否一樣? 3
五、精神病患求神問卜而不去求醫,致使病人加速死亡,請問大師對這有什麼看法? 4
六、醫學研究以動物來實驗,是否殺生?請問大師對此有什麼看法? 6
七、佛教對器官捐贈有什麼看法? 6
八、過去一些印度學人請問佛陀一些哲學問題,諸如宇宙有界限嗎?佛陀涅槃後去了哪裡?佛陀大多是一言不發,請問大師這是為什麼? 7
九、複製生命會產生什麼問題? 8
十、幫婦女施行墮胎,對一個信奉佛教的醫生來說,適當嗎? 9
十一、佛教對愛滋病的看法為何? 9
十二、上班族每天面對許多壓力,要如何消除壓力? 10
ISSN1609476X (P)
ヒット数1517
作成日2009.08.17
更新日期2017.11.15



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
205591

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ