サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
報告法王 -- 我做四加行
著者 十七世大寶法王 ; 釋妙融
出版年月日2009.08.01
ページ192
出版者眾生文化
出版サイト http://www.hwayue.org.tw/
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
抄録修行,一定要做好基本功,如果你是佛弟子,一定要觀修「四加共行」;如果你是藏傳修行人,傳統上,一定要修持「四不共加行」。所謂「加行」,就是以自利利他的心,不斷「增加身口意善行」,這是進入佛法修持之前,轉凡心向解脫道的準備工作。所謂「四共加行」,是指「人身難得、觀死無常、因果業力、輪迴過患」,這是佛家對生命本質的四種知見,是小乘、大乘、金剛乘三乘佛法共同的基礎。所謂「四不共加行」,是指「皈依大禮拜、金剛薩埵、獻曼達、上師相應法」,這是藏傳金剛乘要求弟子做的特殊基本功,皈依發心,淨除罪障,累積資糧,增益信心,從法王、仁波切、出家男女眾到在家居士,依傳統,人人必做,這是實修一切密乘大法前必備的基礎,若有人以此或其中一項,當成終身修持,也能得到殊勝成就,修持「四不共加行」之前,必先觀修「四加共行」。關於法本,藏傳四大教派,都有各自傳承的「四不共加行」,項目、精神都相同,但儀軌和觀想內容則有別。以噶舉傳承而言,也有傳統長軌的「四不共加行」法本,第十七世法王噶瑪巴 鄔金欽列多傑,為了忙碌的現代修行人,特別著作這部《四不共加行合集課誦略儀》法本,慈悲開啟弟子在現代生活修持「四不共加行」的殊勝法緣。關於做功課次數,傳統上,四個加行各要做111,111遍;若想修持這部噶瑪巴親傳的法本,必先得到具德上師口傳才能起修,噶瑪巴指示,非藏族的外國弟子,第一加行「皈依大禮拜」可以只做1,000遍,(能圓滿111,111遍更好),其餘三個加行「金剛薩埵、獻曼達、上師相應法」,須依傳統各做111,111遍。
ISBN9789578813946 (平); 9578813945 (平)
ヒット数778
作成日2009.10.30



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
214533

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ