サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
書評 -- 江燦騰《台湾仏教史》=Book review: On "The Hisory of the Taiwanese Buddhism" by Dr. Jiang Canteng
著者 野川博之 (著)=Nogawa, Hiroyuki (au.)
掲載誌 圓光佛學學報=Yuan Kuang Journal of Buddhist Studies
巻号n.15
出版年月日2009.10
ページ175 - 211
出版者圓光佛學研究所=Yuan Kuang Buddhist College
出版サイト http://www.ykbi.edu.tw/
出版地桃園縣, 臺灣 [Taoyuean hsien, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article; 書評=Book Review
言語日文=Japanese
キーワードTaiwanese Buddhism=台湾仏教; Jiang Canteng=江燦騰; Zhaijiao=斎教; Dagangshan=大崗山
抄録時代の変遷に伴い、台湾仏教史をめぐる重要な学術文献も現れてはいるが、それら文献の多くが二三のテーマにのみ論述を絞るに留まっており、台湾仏教の全体像と今日の状況について提示してくれる文献にはなお乏しい。しかるに今や、江燦騰博士が『台湾仏教史』と題されたその労作を通じ、こうした不足をほぼ補ってくださったのは欣快(きんかい)に堪(た)えないところである。台湾仏教にかかわるほとんどすべての人々が10 年来知悉(ちしつ)し、かつは憂慮しているように、すぐれた研究者であり教育者でもある著者は、ずっと難病と闘って来られたのである。江博士は、ひるむことなく研究に精進され、台湾仏教に関する数々の著作をものされた。かくて多くの人々に台湾仏教史を、とりわけ、日本統治時代におけるそれを理解せしめられたのである。この日本統治時代における台湾仏教は、戦後の中華民国統治下におけるそれとは、いくつかの点で大きく異なっている──(1)かのマルティン.ルターのごとく、妻帯を敢行した複数の僧侶が現れた。(2)いわゆる斎教の存在。これは仏教と台湾的道教との重層信仰(シンクレティズム)である。(3)台湾と大陸との仏教徒相互の交流は、台湾総督府によって厳しく制約されていたけれども、それでも多くの仏教徒が中国大乗仏教の良き伝統を維持すべく、苦心惨澹の果てに交流を継続した。著者.江博士は従来知られていなかった多くの史実を詳細にわたり解明されている。日本人仏教徒として、本書読了後、筆者がいかにも慚愧(ざんき)に堪えず、かつは喜びを覚えずにおられないのは、高雄郊外は大崗山なる大伽藍が、第二次大戦中、帝国陸軍の厳令下破却(はきゃく)されたものの、僧尼と信徒との手により、戦後は南台湾全域にわたりその教勢が回復され、かつは拡大されたということである。紙幅の関係により、このあたりで、台湾仏教研究における最もすぐれた文献に関する賛嘆(さんだん)の筆を擱(お)きたい。

As times go by, we have already have some important academic books on the Taiwanese Buddhism, but, I cannot help feeling that almost all of these books focus only a few themes, few books show the readers general views on the whole history and today’s condition of the Taiwanese Buddhism! It is very happy now Dr. Jiang Canteng(江燦騰) gives us almost complete answers through this book titled ‘The History of the Taiwanese Buddhism’. As almost all of the people concerned with the Taiwanese Buddhism know and are very afraid, for these 10 years this good scholar and teacher has been against with his hard illness, but he never gives up and writes many papers on the Taiwanese Buddhism, make many people understand the history of the Taiwanese Buddhism, especially that of the priod under the rule of the Japanese Empire. The Taiwanese Buddhism of that period is very different from that of the period under the rule of the ROC government, for example, (1)many monks get married like the Rev. Martin Luther;(2)the presense of the Zhaijiao(齋教), the syncrethism of Buddhism and the Taiwanese Taoism;(3)the Buddhist exchange between Taiwan and the Mainland China was very severely controlled under the Japanese government in Taiwan(臺灣總督府), but many Buddhists managed to continue the exchange to protect the good tradition of the Chinese Mahāyana Buddhism in Taiwan. Dr. Jiang, the author shows us many newly-found facts and explains them in details. As a Japanese Buddhist, after reading this book, I feel very sorry and pleasant that the great monastery in Dagangshan(大崗山), located in the suburb of Kaoshiung City was broken under the order from the army of the Japanese Empire during the World War Ⅱ, but the monks, nuns and laymen of the monestry succeeded in the reconstruction and expansion in all of the South Taiwan. Because of the want of paper, I now stop my description dedicated to this most excellent work on the study of the Taiwanese Buddhism!
ISSN16086848 (P)
ヒット数1594
作成日2009.12.18
更新日期2017.08.08



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
218149

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ