サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
安穏の思想史 -- 親鸞.救済への希求
著者 市川浩史=Ichikawa, Hirofumi
出版年月日2009.10.30
ページ193
出版者法蔵館
出版サイト http://www.hozokan.co.jp/cgi-bin/hzblog/sfs6_diary/index.html
出版地京都, 日本 [Kyoto, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
ノート市川浩史、1956年、徳島県生まれ。1980年、東北大学文学部卒業、1988年、同大学大学院博士課程後期単位取得退学。同年、群馬県立女子大学文学部専任講師。2003年、同大学教授、同年、博士(文学)。日本思想史専攻。
抄録世の「安穏」を祈り、仏法のひろまることを願った念仏者・親鸞。その思惟の独自性を、日蓮や無住らの挙動、武家政権の政策・動静をも視野に入れ、思想史上に位置づける意欲的論考。

目次
序章 中世の人々と安穏
第一章 親鸞の安穏-その宗教 的意義と社会的意義-
第二章 阿闍世と安穏-親鸞における「難治の機」と「難化の機」の問題-
第三章 日蓮の安穏-「現世安穏・後生善処」の意味-
第四章 現世と来世の安穏-『沙石集』にみる遁世という生き方-
第五章 中世の社会と安穏
終章 思想としての「安穏」 ほか
ISBN9784831838353 (精)
ヒット数210
作成日2010.02.02
更新日期2010.08.06



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
222489

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ