サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
Socially Engaged Buddhism and the Trajectory of Buddhist Ethical Consciousness
著者 Bhikkhu Bodhi
掲載誌 Religion East & West
巻号n.9
出版年月日2009.10
ページ1 - 23
出版者Institute for World Religions=世界宗教研究院
出版サイト http://www.drbu.org/iwr
出版地Berkeley, CA, US [伯克利, 加利福尼亞州, 美國]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
抄録Ven. Bhikkhu Bodhi, a senior American Buddhist monk and distinguished scholar and translator, explores the nature of the social activism that has become a more visible aspect of Buddhist practice in recent decades. The author argues that while social engagement is deeply rooted in classical Buddhism, the scope and manner of social engagement have undergone a shift. The author reviews the history of Buddhist thinking on this topic and relates this history to gradual changes in society in general. This article was presented as the Eighth Annual Hsüan Hua (Xuanhua) Memorial Lecture in Berkeley, California, in April 2009. (A companion lecture given by Dr. Raoul Birnbaum follows Bhikkhu Bodhi's article.)
ISSN15392430 (P)
ヒット数898
作成日2010.02.10
更新日期2020.04.20



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
223316

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ