サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
佛教思想史上的劃時代偉人
著者 郭朋
掲載誌 佛教思想的傳承與發展:印順導師九秩華誕祝壽文集
出版年月日1995.04
ページ1 - 14
出版者東大圖書公司
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類專題研究論文=Research Paper
言語中文=Chinese
キーワード釋印順; 智增上; 佛教研究; 佛教思想; 探源
抄録本文是在印順導師九秩壽慶時,就印公的著述和作者的研究和個人觀點,說明印順的過人處.
在根機上,印順是重「學問」,重「聞思」的「智增上」行者,為把握純正佛法,從論下手,在不同的經論中,考証佛教思想的發展演變,直探佛法本源. 在立場上,他超然於各宗派上,洞察佛教全局,不讓自己屬於宗派徒裔,而以根本佛法作為自己的信仰. 針對中國佛教重鬼神,脫離現實的時弊,印公提出「人間佛教」的主張,並致力刷洗「神化」「俗化」的中國佛教,力使佛教還原其以人為本的本來面目.

此外,印公對修行與神通的卓見是:任何宗教都在教人過「平實正直地生活」,真正的修行應是無限的奉獻,切莫「標榜神奇」刮人耳目. 文末點出印公所以會有勝人的見解,同他「從現實的一定時空中考察佛法」的治學態度和「作筆記,摘卡片」的具體治學方法,有不可分割的關係. 處於傳統不重研究的佛教環境中,印公十年如一日孤獨地以佛教研究佛教,終成佛教思想史上的一位劃時代偉人.
ISBN9571918032
ヒット数206
作成日1998.07.22
更新日期2016.08.16



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
250054

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ